Google Earth 5.0 を Ubuntu 8.10 にインストールしてみる

Google Earth が新しくなりました。
さらにものすごいことになっています。
海の中も、過去も、火星にもいけるように。古代ローマも、少し前から行けるようになってます。
あまりにすごすぎて、何に使ったらいいのかわからないくらい。

Linux版も出てるので、Ubuntu8.10に入れてみました
…といっても、これがなかなか、山あり谷あり(~_~;)

古いバージョンをアンインストール

まず、前のGE(4.3)をアンインストール(する必要があるのかないのか)。

sudo sh /opt/google-earth/uninstall

「home」ディレクトリの中の「.GoogleEarth」や「/.config/Google」に設定ファイルがある。うちはクリンイントールのため、これらも削除。前のデータは失われます。

GE5.0をインストール

で、グーグル・アースのページで、「GoogleEarthLinux.bin」をダウンロード。
以下のコマンドで、インストール開始。(→詳しくは、こちらを参照。)

$ chmod +x GoogleEarthLinux.bin
$ sudo ./GoogleEarthLinux.bin

あとはインストール画面にしたがう。
「インストール終了後のダイアログで[Start]ボタンをクリックしない」のがポイントらしいです。
Google Earth – Community Ubuntu Documentation

【追記】
「sudo」でインストールしてますが、そうでなくてもできます。
「su」だと「opt」フォルダ以下に「google-earth」がインストールされますが、一般ユーザでインストールすると、自分の名前のホームフォルダの中に配置されます。
4.3だとgoogleのレポジトリ(deb http://dl.google.com/linux/deb/ stable non-free)を追加して(認証キーもいるだろうか)、Synapticパッケージマネージャからもインストールできますが、この場合もホームフォルダ内にできる…ということは、5をsu権限でインストすれば、ふたつ共存しますね。おすすめしませんw

問題その1「 ダメです、起動しませんっ」(解決済み)

で、端末で「googleearth」と打ち込んでみた。そしたら、「libcrypto.so.0.9.8なんたら」でエラーが出て、スプラッシュ画面が出て終了。
検索すると、「opt/google-earth」にある「libcrypto.so.0.9.8」を適当にリネーム(libcrypto.so.0.9.8.old とか)してやるとよいらしい。

sudo mv libcrypto.so.0.9.8 libcrypto.so.0.9.8.old
sudo ln -s /usr/lib/libcrypto.so libcrypto.so.0.9.8

(→[ubuntu] Google Earth 5.0 trouble – Ubuntu Forums
sudo ln -s /usr/lib/libcrypto.so libcrypto.so.0.9.8

すると、起動する。

問題その2「日本語が表示されません」(じゃあ英語でw)

しかし、今度は日本語が文字化ける…というか、日本語が表示されない

フォントの設定は、homeディレクトリ内の「/.config/Google/GoogleEarthPlus.conf」。
Binsan’s Cafe » GoogleEarthのフォント修正」にしたがって、「GuiFontFamily」まわりの設定を付け加えるが、ダメですた。
今回は、フォントというより、文字エンコードの問題みたい。

やむを得ず、日本語じゃなくて、英語で使ってみることにする。
同じく、「GoogleEarthPlus.conf」ファイルの[General]のあたりに、

locale=en-US

を書き足して、英語化。
ほんとはGEの「ツール→オプション」あたりで言語の設定できるはずだけど、それが表示されないのだから、こうするほかあるまいて。

英語にしても、ちょっと文字が重なったりするところがあるけど(フォントのサイズを変えてやるといいのかもしれない)、まあ何とか使えるか。
そのうち、Googleのほうで修正してくれるでしょうが、今のところ、こんなふうに対処。

languageファイルは、「qm」という拡張子。Qtまわりのことらしいですが、もはや調べる気力なし。

さらに問題「ダメです、動画が…」

そして、さらなる難問が…動画がうつりません。
flash はちゃんと入ってるのに、youtubeとかのレイヤーが表示されん。
どうも、うち固有の現象らしくって、検索してもそれらしき情報がないよ。

まあ、しばらくはwindows版のほうを使います。こちらは絶好調ですから。ふたつOSがあると、いろいろ便利なのさ。

▷ OPEN COMMENTS

2 thoughts on “Google Earth 5.0 を Ubuntu 8.10 にインストールしてみる

  1. こんにちは!
    うちでも動画はダメですが、GUI回りは綺麗なフォントで日本語化できました。

    URL先の方法でできました。
    >google-earthフォルダの中の
    >libQtCore.so.4
    >libQtGui.so.4
    >libQtNetwork.so.4
    >libcrypto.so.0.9.8
    >をフォルダから外す
    >libQtWebKit.so.4は外さずに残す
    その上で、locale=… の行を削除しました。

    動画ですが、WebKitを使用しているようなので、WebKit環境でswfの環境を整える必要があるのかなー、と思っております。
    左上の「?」を押せば、ブラウザ上でYouTubeが開くので、それで良しとしております。

    解決したら書いてくださいねー。

  2. shisashiさん、はじめまして!

    これはすごいです!
    うちでも、ばっちりきれいな日本語フォントで表示されました\(^▽^)/

    やっぱQTまわりのことなんですね。
    …ところがです、うちでは、これをやると、さらに新たな問題が( ´△`)
    動画だけでなく、写真などの静止画像も表示できないとです。。
    うー。なかなか、難しいです。
    いろいろやってみたけど、いまんところ、解決できてないです。
    もしか幸運にも、なんとかできれば、かならず書きますね…その前に、Google Earthのほうがバージョンアップしそうな気もしますが(笑)

Comments are closed.